お肌に美容を届ける脱毛術

光脱毛では、毛根に熱を加える事でダメージを与えますが、この施術を肌が乾燥をしたまますると痛みが生じたり、軽いやけどになる可能性がでてきます。
そのような事を防ぎ、お肌を保護するためにジェルが塗られます。
脱毛サロンでは、かるいヤケド状態の肌を鎮静させるために施術後にクールダウンを行います。
体毛の黒いメラニン色素にだけこの光は反応をし、熱処理をムダ毛の毛根部分の組織にする事によって破壊し、体毛の再生を抑制。
ですから、色素沈着をおこしている方、肌の色が黒い方や日焼けした方、ホクロやアザがある方などは、光脱毛が出来ないケースがあるので注意が必要です。

 

光をその後照射すると毛根が発熱をし、毛の再生をそれにより促す毛乳頭とか毛母細胞のタンパク質が変性します。
特殊なフィルターを通し光脱毛に使用の光は、脱毛に適した光のみを取出し使用してます。
まず、ジェルなどを光の照射肌を保護するために塗ります。
良く脱毛サロンの広告等で目にする脱毛の手法には、「フラッシュ脱毛」「IPL脱毛」「プラズマ脱毛」などいろいろありますが、これらは全ておなじ光脱毛です。
毛を再生することがダメージを受けた毛根は出来ず、自然と施術後10日から2週間ほどで抜け落ちます。
肌の痛みはこれをする事で和らぎ、未然に炎症や色素沈着というトラブルを防ぐことが出来ます。
更に、タップリ施術した肌にローションを塗り施術を終了します。
スタンダードに脱毛サロンの光脱毛は、次みたいな手段で進められます。
安全にこうした方法で脱毛が行われるので、安心をして脱毛初心者の人でも受ける事ができる脱毛の一つと言えるとおもいます。